出来レースか 自民党「オープンエントリー」の怪しい内幕

公開日: 更新日:

 実は2位以下の候補者もいわく付きだった。

「3位だった元衆院議員の松田学氏は『メールアドレスを金で買った』『反社会勢力と近い』との怪文書がバラまかれる始末でした。4位の柳沢亜紀区議も、もともと旧民主党の議員だったため、批判が殺到していた。他の候補者も菅官房長官や麻生財務相の『お気に入り』といわれる人ばかり。本気でエントリーした人ほど、“出来レース”を感じたらしく、途中で離脱していきました」(前出の党関係者)

 それなのに自民党は「これが新しいデジタル民主主義」なんて言っているからお笑いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る