• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三菱自は反発 株価で見る“お騒がせ企業”の勝ち組・負け組

 どこまで下がるか分からない――。そう囁かれていた三菱自動車の株価が、日産自動車による救済のニュースで一気に反発した。

 燃費不正が発覚する前のほぼ半額となる412円まで落ち込んでいた株価が、上昇に転じたのだ。

「まさかのストップ高でしたからね。空売りを仕掛けていた投資家は大損したはずです」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 一方、日産自動車は「三菱自を傘下に入れて、ホントに大丈夫なのか」と不安を抱いた投資家が多く、支援発表後に株価は下落した。

「短期間の値動きを見る限り、勝ち組は三菱自で、負け組は日産ということになります」(証券アナリスト)

■タカタは高値から89%下落

 そこで株価から見たお騒がせ企業の勝ち負けを調べてみた。カリスマ引退が話題のセブン&アイHDは、鈴木敏文会長が辞任を表明した4月7日に年初来安値(4168円)を更新した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る