• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三菱自・相川社長が辞任へ “実質トップ”の益子会長は留任

 当然といえば当然だろうが、続投案も囁かれていた三菱自動車の相川哲郎社長が燃費データ不正の責任を取って辞任する意向を固めた。6月下旬の株主総会をメドに辞任する見通しという。

 一方、益子修会長は留任し、日産自動車による34%の出資が完了する今秋ごろまで暫定的に社長を兼務するというが、社内には「この10年にわたり、実質的なトップは益子さん。引責辞任するなら彼の方では」なんて声もある。

 三菱自は18日、燃費データ不正に関する社内調査結果を、国交省に追加報告する。三菱自はこの中で、販売中の9車種のほか販売を終了した車種についても、調査の状況を公表する考え。不正の疑われる車種として、環境性能に優れたプラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」を、新たに報告に盛り込む見通し。

 不正が起きた経緯に関しては、三菱自の性能実験部の管理職がデータ測定を委託した子会社の担当者に対し、燃費性能の計算で有利な低いデータを選ぶよう指示していたことが判明。追加報告では、他社との燃費競争によるプレッシャーだけでなく、上層部の関与や圧力がなかったかについても注目されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る