提携結んだ2010年から…スズキ「燃費不正」の元凶はVWか

公開日:  更新日:

 スズキよ、おまえもか――。燃費不正が大問題となった三菱自動車に続き、軽自動車の雄「スズキ」でも、車の燃費データ測定で、国の規定と異なる方法を用いていたことがわかった。その範囲は現在販売中の「ワゴンR」や「アルト」など全16車種、累計210万台にも及ぶというから大変だ。

 スズキの“ドン”こと鈴木修会長(86)ら経営陣が18日会見し、「燃費を見かけ上、良くしようという意図はなかった」などと強調。スズキが“不正”測定した数値と、国の規定で測った数値は「誤差の範囲内」だとし、修正はしないという。「引き続き安心してお乗りいただきたい」と訴えたが、本当に大丈夫か。市場は敏感に反応し、スズキ株は急落、終値は270円安の2613円だった。

 国内で軽自動車のシェア2位のスズキは、首位のダイハツと激しい燃費競争を繰り広げてきた。ライバルのダイハツは燃費データなどについて「改めて社内調査をした結果、法令に反した事実はなかったと再確認した。国交省にも報告しています」(広報部)としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る