提携結んだ2010年から…スズキ「燃費不正」の元凶はVWか

公開日:  更新日:

 スズキよ、おまえもか――。燃費不正が大問題となった三菱自動車に続き、軽自動車の雄「スズキ」でも、車の燃費データ測定で、国の規定と異なる方法を用いていたことがわかった。その範囲は現在販売中の「ワゴンR」や「アルト」など全16車種、累計210万台にも及ぶというから大変だ。

 スズキの“ドン”こと鈴木修会長(86)ら経営陣が18日会見し、「燃費を見かけ上、良くしようという意図はなかった」などと強調。スズキが“不正”測定した数値と、国の規定で測った数値は「誤差の範囲内」だとし、修正はしないという。「引き続き安心してお乗りいただきたい」と訴えたが、本当に大丈夫か。市場は敏感に反応し、スズキ株は急落、終値は270円安の2613円だった。

 国内で軽自動車のシェア2位のスズキは、首位のダイハツと激しい燃費競争を繰り広げてきた。ライバルのダイハツは燃費データなどについて「改めて社内調査をした結果、法令に反した事実はなかったと再確認した。国交省にも報告しています」(広報部)としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る