• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

やはり終わっていた“爆買い” 中国通が読む今後の見通しは

“爆買い”が急激に縮小している。20日日本百貨店協会が発表した4月の免税品売上高は、前年同月比9.3%減の179億9000万円だった。前年を下回ったのは39カ月ぶりのことだ。

 訪日外国人の購買客数は7.8%増だったが、1人当たりの購買額が15.9%も激減したという。客単価は4月よりも5月の方が下がっているそうだ。このまま“爆買い”は小さくなっていくのか。中国情勢に詳しいジャーナリストの姫田小夏氏はこう言う。

「爆買いが縮小した大きな理由は、円高が進み“円安”メリットが小さくなったことでしょう。中国人が大量に買い物をしていたのは、円安によって日本での買い物がリーズナブルだったからです。この先、爆買いがどうなるか。懸念材料は、為替以外だと地震です。中国人は外国で事件や事故が起きると、途端に渡航しなくなる。マレーシア機が行方不明になった時は、マレーシアへの渡航者が激減し、韓国でセウォル号が沈没した時は、韓国へ行く人が減った。実は、3.11の後も、銀座で買い物をする訪日中国人がガクンと減っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る