ネコ人気にまで便乗…三越本店“200億円”全面改装の不安

公開日: 更新日:

「それで大丈夫か」という業界の声もある。三越伊勢丹ホールディングスが23日、主力の三越日本橋本店で大規模改装を行うと発表した。日本文化の発信拠点としてファッションだけではない百貨店づくりを目指す、なんて意気込んでいる。

 とりあえず120億円を投資し、2018年春に第1期のグランドオープンを予定。改装は東京五輪が開催される20年まで続け、投資額は総額で200億円前後になるという。

 三越日本橋本店は一昨年3月、「カルチャーリゾート百貨店」を旗印とし、文化に浸って楽しめる百貨店をつくっていくと宣言。大規模改装はこの理念を実現していくためのものらしい。

■“他力本願”で大丈夫なのか

「対象の顧客層をこれまでの50~70代から40代に引き下げる“若返り”を狙い、新しい売り場は日本文化やアート、それにブームの“ネコ”といった趣味を中心に品ぞろえするようです。じっくり座って接客したり、商品を実際に試してもらうそうですが、それが果たして若い世代にウケるのかどうか、大いに疑問は残ります」(三越伊勢丹HD関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    攻める「新しい地図」 破天荒アイドルBiSHと共演の皮算用

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る