• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネコ人気にまで便乗…三越本店“200億円”全面改装の不安

「それで大丈夫か」という業界の声もある。三越伊勢丹ホールディングスが23日、主力の三越日本橋本店で大規模改装を行うと発表した。日本文化の発信拠点としてファッションだけではない百貨店づくりを目指す、なんて意気込んでいる。

 とりあえず120億円を投資し、2018年春に第1期のグランドオープンを予定。改装は東京五輪が開催される20年まで続け、投資額は総額で200億円前後になるという。

 三越日本橋本店は一昨年3月、「カルチャーリゾート百貨店」を旗印とし、文化に浸って楽しめる百貨店をつくっていくと宣言。大規模改装はこの理念を実現していくためのものらしい。

■“他力本願”で大丈夫なのか

「対象の顧客層をこれまでの50~70代から40代に引き下げる“若返り”を狙い、新しい売り場は日本文化やアート、それにブームの“ネコ”といった趣味を中心に品ぞろえするようです。じっくり座って接客したり、商品を実際に試してもらうそうですが、それが果たして若い世代にウケるのかどうか、大いに疑問は残ります」(三越伊勢丹HD関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る