• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネコ人気にまで便乗…三越本店“200億円”全面改装の不安

「それで大丈夫か」という業界の声もある。三越伊勢丹ホールディングスが23日、主力の三越日本橋本店で大規模改装を行うと発表した。日本文化の発信拠点としてファッションだけではない百貨店づくりを目指す、なんて意気込んでいる。

 とりあえず120億円を投資し、2018年春に第1期のグランドオープンを予定。改装は東京五輪が開催される20年まで続け、投資額は総額で200億円前後になるという。

 三越日本橋本店は一昨年3月、「カルチャーリゾート百貨店」を旗印とし、文化に浸って楽しめる百貨店をつくっていくと宣言。大規模改装はこの理念を実現していくためのものらしい。

■“他力本願”で大丈夫なのか

「対象の顧客層をこれまでの50~70代から40代に引き下げる“若返り”を狙い、新しい売り場は日本文化やアート、それにブームの“ネコ”といった趣味を中心に品ぞろえするようです。じっくり座って接客したり、商品を実際に試してもらうそうですが、それが果たして若い世代にウケるのかどうか、大いに疑問は残ります」(三越伊勢丹HD関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る