「蒙古タンメン中本」のれん分け騒動 元社員の言い分は?

公開日:  更新日:

 伝説のつけ麺店「大勝軒」の分裂騒動は記憶に新しいが、今度は「旨辛ラーメンの王様」で抗争勃発だ。「蒙古タンメン中本」が25日、公式サイト上で元社員を唐突に批判し始めた。

 その内容をまとめると、こうだ。元社員の荒木雅晴氏は4年前にのれん分け店をオープンしたが、店に不在がちなど不適切な言動があり、2年前、中本側は、のれん分けの契約を解除した。その後、訴訟沙汰に発展したが、荒木氏が中本の類似メニューを販売しないなどの条件をのみ、2014年9月に和解に応じた。

 ところが、荒木氏は昨年4月、「旨辛系タンメン荒木屋」を開店し、類似メニューを提供するようになった。しかも、チェーン展開を行おうとしたため、我慢ならなくなった中本側は、公式サイトで事実の公表にいたったという。

 改めて中本側に聞くと、「弁護士と話し合っているため、何も答えられない」(広報担当)。本当に中本の「蒙古タンメン」に似ているのか。荒木屋に向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る