正式決定で日経平均2万円も 消費増税“再延期”爆騰23銘柄

公開日:  更新日:

 消費増税の再延長が本決まりになれば、株式市場はお祭りムードとなる。

「市場は増税先送りを折り込んでいると見る向きもありますが、正式決定すれば、くすぶっていたモヤモヤ感が晴れます。日経平均を3000円程度アップさせる力があると思っています」(株式評論家の杉村富生氏)

 27日、日経平均は前日比62円高の1万6834円で引けた。ここから3000円上がると1万9834円。ここまで上がれば2万円台が見えてくる。

 この“株高の波”を、ただ眺めていてはもったいない。うまく乗りこなせば、小遣いぐらいは稼げるはずだ。

「増税先延ばしのメリットを最大限に受けるのは消費関連です。単価の高い住宅や自動車は恩恵大でしょう。コンビニや食品スーパー、外食あたりも狙い目です。あえて銘柄を挙げれば、本命は住宅の積水ハウス、対抗は富士重工とセブン&アイ、穴は大手時計メーカーの腕時計用バンドを製造する日本精密です。日本精密の株価(27日終値)は329円ですが、増税延期で年初来高値の403円を軽く超える可能性があります」(杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る