正式決定で日経平均2万円も 消費増税“再延期”爆騰23銘柄

公開日: 更新日:

 消費増税の再延長が本決まりになれば、株式市場はお祭りムードとなる。

「市場は増税先送りを折り込んでいると見る向きもありますが、正式決定すれば、くすぶっていたモヤモヤ感が晴れます。日経平均を3000円程度アップさせる力があると思っています」(株式評論家の杉村富生氏)

 27日、日経平均は前日比62円高の1万6834円で引けた。ここから3000円上がると1万9834円。ここまで上がれば2万円台が見えてくる。

 この“株高の波”を、ただ眺めていてはもったいない。うまく乗りこなせば、小遣いぐらいは稼げるはずだ。

「増税先延ばしのメリットを最大限に受けるのは消費関連です。単価の高い住宅や自動車は恩恵大でしょう。コンビニや食品スーパー、外食あたりも狙い目です。あえて銘柄を挙げれば、本命は住宅の積水ハウス、対抗は富士重工とセブン&アイ、穴は大手時計メーカーの腕時計用バンドを製造する日本精密です。日本精密の株価(27日終値)は329円ですが、増税延期で年初来高値の403円を軽く超える可能性があります」(杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る