• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正式決定で日経平均2万円も 消費増税“再延期”爆騰23銘柄

 消費増税の再延長が本決まりになれば、株式市場はお祭りムードとなる。

「市場は増税先送りを折り込んでいると見る向きもありますが、正式決定すれば、くすぶっていたモヤモヤ感が晴れます。日経平均を3000円程度アップさせる力があると思っています」(株式評論家の杉村富生氏)

 27日、日経平均は前日比62円高の1万6834円で引けた。ここから3000円上がると1万9834円。ここまで上がれば2万円台が見えてくる。

 この“株高の波”を、ただ眺めていてはもったいない。うまく乗りこなせば、小遣いぐらいは稼げるはずだ。

「増税先延ばしのメリットを最大限に受けるのは消費関連です。単価の高い住宅や自動車は恩恵大でしょう。コンビニや食品スーパー、外食あたりも狙い目です。あえて銘柄を挙げれば、本命は住宅の積水ハウス、対抗は富士重工とセブン&アイ、穴は大手時計メーカーの腕時計用バンドを製造する日本精密です。日本精密の株価(27日終値)は329円ですが、増税延期で年初来高値の403円を軽く超える可能性があります」(杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る