日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

タカタ 救世主「KKR」が現れても晴れない暗雲

再建の道のりは険しい(タカタの高田社長)/(C)日刊ゲンダイ

“殺人”エアバッグ問題で経営の屋台骨が揺らぐ自動車部品メーカー、タカタに対し、米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)など複数の投資ファンドが支援に名乗りを上げたことが分かった。

 すでにKKRはタカタが今年2月、再建案づくりのために立ち上げた「…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事