参院選までが勝負 上場で上昇期待「LINE」関連22銘柄

公開日:  更新日:

 やっと、か。一昨年、昨年と上場の話が流れるたびに“頓挫”してきたLINE。

「今年も関東財務局から立ち入り検査を受けていたことが報じられ、上場を危ぶむ声がありましたが、東証が近く正式に承認し、7月にも1部に上場する見通しです」(大手証券会社関係者)

 LINEは「現時点では答えられない」(広報担当者)と慎重なコメントをしているが、時価総額は6000億円程度が見込まれる。米国でも同時期の上場を目指しているという。

「今年最大の新規上場になりそうで、年初の暴落から売買代金が低迷している株式市場にとっては久々の好材料です。7月の参院選に向けた“株高演出”にも追い風になるでしょう。いずれにせよLINE上場の話が持ち上がるたびに、関連銘柄の株価はおおむね上昇。今から仕込んで参院選前に手放し、選挙が終わって株安になったところでLINE株を拾う手はあります」(株式ジャーナリストの長崎憲二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る