• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

参院選までが勝負 上場で上昇期待「LINE」関連22銘柄

 やっと、か。一昨年、昨年と上場の話が流れるたびに“頓挫”してきたLINE。

「今年も関東財務局から立ち入り検査を受けていたことが報じられ、上場を危ぶむ声がありましたが、東証が近く正式に承認し、7月にも1部に上場する見通しです」(大手証券会社関係者)

 LINEは「現時点では答えられない」(広報担当者)と慎重なコメントをしているが、時価総額は6000億円程度が見込まれる。米国でも同時期の上場を目指しているという。

「今年最大の新規上場になりそうで、年初の暴落から売買代金が低迷している株式市場にとっては久々の好材料です。7月の参院選に向けた“株高演出”にも追い風になるでしょう。いずれにせよLINE上場の話が持ち上がるたびに、関連銘柄の株価はおおむね上昇。今から仕込んで参院選前に手放し、選挙が終わって株安になったところでLINE株を拾う手はあります」(株式ジャーナリストの長崎憲二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る