日産、ホンダ、日立…英のEU離脱が日本企業直撃の現実味

公開日:  更新日:

 ブレグジット危機が迫っている。13日のドル円相場は一時1ドル=105円台後半まで円高が進行し、日経平均は582円の大幅下落だった。

「ここまでブレグジットが現実味を帯びるとは想像していませんでした。それだけに恐怖感は強い」(市場関係者)

 ブレグジットとは「英国のEU離脱」を意味し、「Britain(英国)」と「Exit(出口)」の造語だ。今月10日の英国での世論調査で離脱派が55%に達し、残留派の45%を大きく上回った。

「英国のEU離脱は世界経済を壊滅させます。英国に続いて、離脱を検討する国が必ず出てくるでしょうし、EU域内の混乱で経済は低迷します。英国やEUとの関係が深い日本企業は大打撃です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 13日、経団連の榊原定征会長は「(英国がEUから)離脱した場合、日本にとって大きな影響があり、懸念している」と話し、残留を望む立場を強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  6. 6

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  7. 7

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る