• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大株主の妻子vs従弟経営陣 定食「大戸屋」でお家騒動勃発

 創業家一族のお家騒動─―。今度は定食屋チェーン店の「大戸屋」(窪田健一社長=45)が揺れている。創業者の妻子と従弟ら現経営陣の対立が激化しているのだ。

「大戸屋」は、義父の池袋の定食屋を継いだ三森久実前会長が1983年に創業。店舗調理や家庭的な和食を売りに急成長をし、01年にジャスダック上場、現在は国内外に436店舗を展開している。

 対立のいきさつはこうだ。15年7月に久実前会長が肺がんで急逝。久実氏の株は妻子が相続した。妻・三枝子氏が筆頭で13.15%、智仁氏が第2位で5.63%持っている。昨年11月、窪田社長の下、智仁氏は常務取締役を解任され、今年2月には取締役も辞任。経営は従弟の窪田社長という構図になっている。

 そういう伏線があった中、5月18日、大戸屋の取締役会で6月の株主総会に提案する「新役員新体制」が決定された。この人事に、三枝子氏、智仁氏の大株主が反応。19日、両名で東証宛てに「全部、もしくは一部について、定時株主総会において『否認』させていただきますこと、あらかじめお知らせします」と“投げ込み”をしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る