ベネッセは訴訟沙汰 JTB情報流出「巨額補償」どうなる?

公開日:  更新日:

 旅行業界最大手のJTBですら防げなかった標的型メール被害。子会社アイドットJTBの担当者がうっかり添付ファイルを開いたせいでウイルスに感染し、約793万人分の個人情報が外部に漏れた恐れがある。

 実在の会社などを装って送りつけてくる標的型メールは、「見た目だけで見破るのは非常に難しい」(トレンドマイクロ広報担当者)。警視庁が不正アクセス禁止法違反などの疑いで捜査を進めているが、ただ、本当に被害を防げなかったのかという疑問は残る。

 3月15日にアイドットに送りつけられたメールも実在する国内航空会社を装っていたというが、問題はここからだ。

「添付ファイルを開いてしまった担当者は、メールを送ってきた相手に返信。ところが、すぐにエラーメールが戻ってきたそうです。この時点で、『おかしい』と気づくこともできたはず」(ITジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る