英EU離脱で世界恐慌緊迫 市場が血眼“次に離脱する国”は?

公開日:  更新日:

 世界経済を揺るがしかねない“審判の日”が近づいている。23日(木)、英国でEU離脱を問う国民投票が実施される。離脱派と残留派は激しくせめぎ合い、どちらに転んでもおかしくない状況だ。

 16日に残留支持の女性議員が殺害されたことで、離脱派の勢いはそがれた。18日に発表されたサーベイション社による事件後初の世論調査では、残留派の45%に対し、離脱派は42%にとどまった。殺害事件が起きる前は、残留派42%、離脱派45%と離脱派リードだったので、形勢逆転だ。

「英国民はかなり迷っているのでしょう。だから何かキッカケがあれば、流れはガラリと変わります。例えば、大規模テロです。EU域内の人の行き来を制限したほうがいいという声が一気に高まり、離脱派は息を吹き返すでしょう。離脱派の勝利は、EU崩壊を連想させるだけに不気味です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る