• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トヨタ、日立…英EU離脱で減益リスク高まる激震企業25社

 英国のEU離脱が世界経済を直撃している。先週末(24日)の日経平均は1200円を超す大暴落となり、NYダウは600ドル以上も下落した。

「ただ、土日を挟んだことでマーケットは冷静さを取り戻しました。EU離脱は2年かけて進められるし、金融市場が短期間のうちに急変する恐れは低い。パニック売りは終わったと見ていいでしょう」(市場関係者)

 実際、週明け27日の日経平均(終値)は前週末比で357円高の1万5309円まで値を戻した。翌28日も小幅続伸し、前日比13円高の1万5323円で終え、兜町の緊迫度は薄れつつある。

 だが、真の英国ショックはこれからが本番だという指摘がある。

「本来のリバウンド相場だと、下げ幅の3分の1ほど値を戻します。1200円の大暴落だったら、一気に400円戻す。でも、27日はそこまで反騰しなかった。市場参加者は、さらなる下落を想定し『買い』を控えたということになります」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る