• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

円高も喜べない…英EU離脱で国内旅行会社に思わぬ“逆風”

 24日のEU離脱ショックは、トヨタ自動車やパナソニックなど日本を代表する輸出型企業の株価を直撃したが、金融市場が転んでも、投資家はただでは起きない。「円高メリット銘柄」を物色する動きも出ている。

 分かりやすいのは製粉や製紙などの輸入業種だが、旅行会社もそのひとつ。円高で海外に行きやすくなれば、売り上げアップが見込める。

 たとえば、海外旅行取扱高2位の「エイチ・アイ・エス」だ。市場がパニックに陥った24日こそ前日比200円安の3060円も、週明けの27日には同225円高の3285円と反発。出来高も24日の71万株から、27日は95万株に増えた。

 まあ、それも当然で、アベノミクスによる円安で、海外旅行者数は2012年の1849万人をピークに、昨年は1621万人と右肩下がり。円安デメリットをモロに受けていたのが、ようやく“反転攻勢”に出られる。旅行会社はウハウハかと思いきや、「痛しかゆしでしょう。インバウンド(訪日外国人旅行者)にとっては超円高が逆風になるからです」とは、ある旅行会社の中堅社員だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る