英EU離脱後に投資リポート続々…夏ボーナスで稼ぐ21銘柄

公開日:  更新日:

 連騰記録は6日で途切れた。5日、日経平均は前日比106円安の1万5669円で引け、6日も290円安の1万5378円。

 さぞかし兜町はガッカリだろうと思ったら、意外にも冷静だった。

「英国のEU離脱が決まった先月24日に1200円を超す大暴落を記録しましたが、翌営業日から6日続伸でした。リーマン・ショック級のパニックに襲われるという見方があっただけに続伸は不気味です。6日の下げは心配ですが、下落してホッとした面もあります」(証券アナリスト)

 油断は禁物ながら、株式市場の流れは上昇傾向にある。株式評論家の倉多慎之助氏が言う。

「参院選や都知事選を控え、極端な株安にはならない。むしろ、EU離脱という悪材料を消化したことで、ジワリと株高に向かうとみています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る