有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

大戸屋HD<下> お家騒動長期化で第2の大塚家具になる恐れ

公開日: 更新日:
経営は大揺れ(C)日刊ゲンダイ

 大戸屋ホールディングスは6月18日、株主総会に諮る人事案を公表した。窪田健一社長ら3人の取締役の再任と8人を新たな取締役に選任する。亡くなった三森久実氏をはじめ、この1年で実に、10人中7人の取締役が交代する。経営陣の顔ぶれを、ほぼ一新するという内容だ。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  8. 8

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  9. 9

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  10. 10

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る