追加金融緩和で急騰期待 いまが狙い目「GPIF関連」12銘柄

公開日:  更新日:

 株式市場は参院選後に3日続伸し、13日の日経平均(終値)は1万6231円とほぼ3週ぶりの高値で終えた。

「NY株高や与党勝利など複合的な要因で株価上昇となりましたが、最大の材料は米FRB前議長の来日です。11日に日銀の黒田総裁と約1時間半にわたって会談しました。何が話されたかは不明ですが、バーナンキ前議長は追加緩和を黒田総裁に迫ったとみていいでしょう」(株式評論家の杉村富生氏)

 日銀は今月28日と29日に金融政策決定会合を開く。ここで追加金融緩和が打ち出されると市場は期待しているのだ。

 その効果で、ドル円相場は円安に向かい、13日は1ドル=104円台まで円安が進んだ。株式市場は円安を好感し、日経平均は一時340円以上も上がった。

「しばらく株高傾向は続くでしょう。投資のヒントになりそうな情報も流れています。都知事選が終わったあとに、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が動くともっぱらなのです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る