• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7.29市場激震? 黒田日銀はヘリコプターマネー決断するか

 空から現金が降ってくる。道行く人たちはヒラヒラと舞う紙幣を掴もうと、両手を必死で伸ばす――映画でよく見る光景だ。

 今月下旬、日本銀行が「ヘリコプターマネー」(ヘリマネ)を実施するかどうか市場が注目している。

「もちろん、本当に紙幣が空から降ってくるわけではありません。ただ、それと似たような効果をもたらす“ヘリマネ政策”が実施される可能性があるのです。早ければ7月28、29日に開かれる日銀の金融政策決定会合で決まると市場は期待しています」(証券アナリスト)

 ヘリマネは、1960年代に米経済学者のフリードマン氏が提唱した。中央銀行(日銀)が紙幣を大量にバラまく政策だ。具体的には政府の発行する国債を中央銀行が直接引き受ける。発行される国債は、無利子で償還期限のない「永久国債」と呼ばれるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る