緩い監視の目…日本がIS戦闘員の「中継地」と化した衝撃

公開日:  更新日:

 まさかの事態がついに現実になった。日本までイスラム国戦闘員の中継地化しているというのだ。

 バングラデシュの首都ダッカで起きたテロ事件に絡み、地元警察が指名手配している立命館大元准教授のモハマド・サイフラ・オザキ容疑者が、日本を拠点にイスラム国戦闘員の「送り出し役」を担っていた疑いが強まっていると報じられた。

 過激派メンバーのバングラデシュ人2人を日本に連れ入れ、トルコへ出国させていたという。彼らがわざわざ第三国を経由するのは、イスラム教徒の入国に敏感なトルコ当局の目を欺くためだ。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏がこう言う。

「この2人に限らず、イスラム国戦闘員が日本を足掛かりにしている可能性は否定できません。日本は海外諜報機関からスパイ天国と揶揄されるように、監視の目が緩く、動きやすい。事実上、野放しです。日本の公安警察は日本赤軍などの左派や北朝鮮スパイといった既成勢力には強いですが、イスラム国などの新興勢力に関しては情報源もルートも乏しい。事実上、野放しになっている。官邸や内閣情報調査室も同様です。昨年7月にアルカイダ系のヌスラ戦線(アルシャム解放戦線に改名)に誘拐されたジャーナリストの安田純平さんをいまだに救出できないのも、交渉ルートがなく、手の打ちようがないからでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る