• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バーバリー失い5年ぶり赤字…名門「三陽商会」凋落の戦犯

 1943年創業、アパレルの名門「三陽商会」が大揺れだ。2016年12月期の連結純損益が95億円の赤字(前年同期は25億9500万円の黒字)と5年ぶりの赤字になる見通しを先月29日に発表し、社内でもブーイングが起きているという。

 赤字の理由ははっきりしている。稼ぎ頭だった英高級ブランド「バーバリー」のライセンス契約が昨年6月に終了。その穴を後継ブランド「マッキントッシュロンドン」が埋められずにいる。

 15年12月期は30年ぶりに売上高1000億円を割り、16年上半期の店頭販売額は前年同期比で約4割減だ。

「三陽商会は有利子負債94億円に対し、“キャッシュ”が約266億円あるので、すぐにどうこうという話ではありませんが、手をこまねいていたら資産を食い潰すだけ、体力を失っていくばかりです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る