体操男子団体金でコナミHD急上昇 五輪メダル爆騰株を狙え

公開日:  更新日:

 リオ五輪のメダルラッシュに兜町も沸いている。男子体操団体が金メダルを獲得した9日、関連銘柄は爆騰した。内村航平、加藤凌平、山室光史、田中佑典の4人が所属するのはコナミHD傘下のコナミスポーツクラブだ。

「市場が開いた直後から、コナミHDは大きくハネた。一時は、前日比185円高(約5%アップ)の3905円まで上昇しました。まさに金メダル級の上昇でした」(市場関係者)

 同じ日に、男子柔道73キロ級で金メダルを勝ち取った大野将平は旭化成に所属している。こちらも朝方から買いが殺到し、9日終値は前日比53.2円高(6.9%アップ)の822.9円だった。

「世相を反映するのが株式市場です。立て続けの金メダル獲得でオリンピック熱は一気に高まりました。相場もアツくなってきた。関連銘柄を探す動きが本格化しています」(株式アナリストの櫻井英明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る