兜町が興奮 メダル総数30超えで「株高フィーバー」突入へ

公開日:  更新日:

 今の勢いが続けば株価は急騰だ! 兜町が大騒ぎしている。

「過去のオリンピックと照らし合わせると、リオ五輪のメダルラッシュは間違いなく好材料です。すでに日経平均は開幕前と比べ上昇傾向を見せていますが、この先、どこまで上がるか。楽しみになってきました」(市場関係者)

 大会7日目(12日午後12時半現在=日本時間)までの金メダル獲得数は、競泳女子200メートル平泳ぎの金藤理絵、体操の男子団体、男子個人総合の内村航平、男子柔道73キロ級の大野将平、女子柔道70キロ級の田知本遥など7個だ。銀、銅を合わせたメダル総数は、競泳男子200メートル個人メドレー・萩野公介の銀、卓球・水谷隼の銅などを入れて22個まで伸びた。

 株式市場では、メダリストが所属する企業の株価が急騰した。内村のコナミHDや、大野の旭化成などだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る