• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

訪日客狙いで関心高いが…危ない中国スマホ決済サービス

 中国のスマホを使った電子決済サービスがじりじりと日本に押し寄せている。背景にあるのは訪日中国人の増加。中国ではスマホ決済が年内にも10兆元(約160兆円)規模になるとされ、日本でも訪日中国人客を狙う大規模小売店を中心に導入が進んでいるのだ。

 アリババ集団の「アリペイ」やチャットアプリの「ウィーチャットペイ」などの第三者決済サービスは中国市場で圧倒的なシェアを握り、日本でもソフトバンクやリクルートライフスタイルなどがこれらと提携し、加盟店開拓を行っている。

 しかし、この中国式サービスには主に2つの盲点がある。まずは「消費者保護」。中国でこれら第三者決済サービスが本格的に動き出したのは今からたった3年前のことで、業界ルールも法律もほとんど未整備の状態にある。例えば「アリペイ」の電子マネーはネット通販から始まったため、つい最近まで実名での登録を行わなくてもよかった。そのため、中国では第三者が本人になりすまして高額消費を行ったり、個人情報を盗んで不正に資金を得るなどの社会問題が深刻化している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  7. 7

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  8. 8

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る