日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エコノミストも警鐘 …市場騒然“超円高サイン”が点灯中

 金融市場で不気味な囁きが広がっている。

「超円高のサインが点灯したといわれます。米の利上げ観測で、このところ円安に振れていますが、週明け以降、円高に逆戻りする危険性があります」(市場関係者)

 米FRBのイエレン議長が利上げに前向きな発言をしたことで、ここ1週間ほど円安傾向が顕著だ。発言前は1ドル=100円前後だったが、2日は103円台半ばまで下落した。

 円安の流れを受け、株価は上昇。日経平均は1万7000円に迫る勢いを見せている。

「ただ、日経平均は1万7000円の壁を突破できない。7月高値は1万6938円で、8月高値は1万6943円。9月に入ってからの高値も、1日は1万6941円、2日は1万6946円です。壁を越えられないのは超円高への警戒だといわれます」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事