• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

株価1万7000台回復も…米利上げ“ヤルヤル詐欺”に要警戒

 長い3カ月だった――。5日、日経平均は5月31日以来となる1万7000円台(終値ベース)を回復し、兜町に安堵感が広がっている。6日も44円高の1万7081円と小幅に続伸した。

「7月、8月ともに高値は1万6900円台で、1万7000円に数十円届かなかった。その壁を突破できたことは大きい」(市場関係者)

 大台突破の原動力は円安だ。米FRBのイエレン議長が早期の利上げをにおわせたことで、日米金利差拡大の思惑が働き、ドル円相場はじわりと円安が進行した。イエレン発言前は、1ドル=100円前後だったが、今月1日には一時104円まで円安が進んだ。

「トヨタ自動車が想定為替レートを105円から102円に引き下げたように、輸出企業は今の水準より円高を想定しています。1ドル=100円を超えるような円高が長期化しない限り、為替差損は発生しにくく、業績は安定的でしょう。日経平均は1万9500円から2万円をうかがうと思っています」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る