台風被害で野菜高騰…注目集まる植物工場関連「30銘柄」

公開日:  更新日:

 先月相次いだ台風被害で野菜の価格が高騰し、ただでさえカツカツの家計をさらに干上がらせている。改めて注目を集めているのが、季節や天候に左右されずに野菜を計画的、安定的に生産できる「植物工場」だ。

 台風10号の影響をモロに被った北海道産のニンジンは、東京・大田市場で、この2週間で4割も高騰している。

 追い打ちをかけるように、6日、沖縄近海で台風13号が発生した。8日には暴風域を伴って本州の南の海上へ進む見通しで、「台風被害でさらに野菜が高騰する恐れがある」(同市場関係者)。泣きっ面に蜂とはこのことだろう。

「タマネギやジャガイモなど北海道産が品薄で値上がりした分をカバーしようと、他の野菜にも買いが入り、そちらも高騰している。長野産のレタスなんて、この2週間で5割高です」(前出の同市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る