日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

不動産から外食まで 上場にこぎ着けたJR九州の多角化経営

豪華寝台列車「ななつ星」(C)共同通信社

 九州旅客鉄道(JR九州)の東京証券取引所への上場が10月25日に決まった。1987年の旧国鉄分割民営化以来、30年目での「悲願達成」(関係者)。多くの赤字路線を抱え「三島会社」と揶揄されてきた北海道、四国、九州のJR3社では初の株式上場となる。翌26日には福岡証券取引所にも同時…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事