日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去7年はすべて上昇 「ヒジュラ暦」の新年と株価の関係

 株式市場は「新年」に沸いている。といっても、イスラムを中心とする暦「ヒジュラ暦」のことで、今年は10月2日が新しい年の始まりだった。

「アノマリー(合理的には説明のつかない経験則)ですが、ヒジュラ暦の新年は、株高傾向がクッキリします。過去7年を見ても、新年から10営業日後は例外なく株価が上昇しています。侮れない相場ジンクスです」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 ヒジュラ暦は月の満ち欠けを基本にする太陰暦で、1年は354日。うるう年は355日(30年に11回)だ。西暦(太陽暦)とは、毎年10~12日ズレていく。15年の1月1日は、西暦では10月15日、14年は10月25日、13年は11月5日だった。

「不思議なことに、西暦で見るとヒジュラ暦の新年は毎年異なるのに、その時期の株価は上昇しています。スゴイのは日米で共通したアノマリーだということです。15年はNYダウ、日経平均ともに3%アップでした」(櫻井英明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事