わさびテロ「市場ずし」 ネガキャン過熱で負のスパイラル

公開日:  更新日:

「わさびテロだ」とネットで炎上し、苦情が殺到している大阪市中央区のすし店「市場ずし」。韓国人観光客に大量のわさびを入れたすしを出したとして、市場ずしを経営する「藤井食品」が謝罪文をHPに投稿した。だが、これが火に油を注ぐ結果になっている。

「藤井食品は『わさび好きな外国人観光客のため、サービスとして提供した』と理由を説明しています。しかし、これに対しネット上では『上から目線』『反省ゼロ』などと批判ばかり。謝罪ではなく、“反抗”と受け取られてしまったようです」(ITジャーナリスト)

 実際、外国人観光客にわさび好きは多いそうだが、ネット上のネガティブキャンペーンは過熱し、収まる気配がない。

 市場ずしは大阪府で7店舗を展開しており、“事件”があった難波店以外にも被害は拡大。大手検索サイトの口コミ欄に市場ずしの悪口が並び、店の評価(最高は星5つで5点)がほとんど1点台となっている。また、ネットの地図上で示す店舗名を「嫌韓わさび市場ずし」と変えられたり、「閉店」と書かれるなど、もはやイタズラでは片付けられない状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る