• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

止まらないポンド下落 FXで儲けるコツを投資家に聞いた

 ポンドの下落が止まらない。連日、安値を更新し、4カ月前から20%も下落している。英国経済への懸念からポンドが売られているのだ。

 7日もアジア市場でポンドが対ドルで急落。一時1ポンド=1.18ドル台をつけ、約31年ぶりの安値を記録。わずか2分間で6%も下落する異常事態も発生し、市場は大パニックだった。

「6%の急落は、誤発注がきっかけだった可能性が高い。ただし、誤発注だけでは、ここまで下げない。安値を付けると自動的に売るように設定している投資家がいるので、どんどん売られたのでしょう。ポンドへの警戒感からそのような設定をしている投資家が多いということです」(エモリキャピタルマネジメント代表の江守哲氏)

 信頼性が高い通貨なのに、値動きが荒いことから「殺人通貨」の異名をとるポンド。個人投資家には恐ろしい通貨だ。きのうの急落でも、ネット上では「地獄に落ちた」「瞬殺だ」と悲鳴が上がっている。この激しい相場で儲ける方法はないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る