止まらないポンド下落 FXで儲けるコツを投資家に聞いた

公開日:  更新日:

 ポンドの下落が止まらない。連日、安値を更新し、4カ月前から20%も下落している。英国経済への懸念からポンドが売られているのだ。

 7日もアジア市場でポンドが対ドルで急落。一時1ポンド=1.18ドル台をつけ、約31年ぶりの安値を記録。わずか2分間で6%も下落する異常事態も発生し、市場は大パニックだった。

「6%の急落は、誤発注がきっかけだった可能性が高い。ただし、誤発注だけでは、ここまで下げない。安値を付けると自動的に売るように設定している投資家がいるので、どんどん売られたのでしょう。ポンドへの警戒感からそのような設定をしている投資家が多いということです」(エモリキャピタルマネジメント代表の江守哲氏)

 信頼性が高い通貨なのに、値動きが荒いことから「殺人通貨」の異名をとるポンド。個人投資家には恐ろしい通貨だ。きのうの急落でも、ネット上では「地獄に落ちた」「瞬殺だ」と悲鳴が上がっている。この激しい相場で儲ける方法はないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る