広島vs日ハムで注目 「日本シリーズ」関連銘柄の狙い目は

公開日: 更新日:

 22日開幕のプロ野球日本シリーズは、広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズの激突だ。

 25年ぶりにリーグ優勝を果たした広島と、二刀流・大谷翔平を擁する日本ハムの対決だけに例年になく盛り上がっているが、兜町も熱気に包まれている。

「どちらが日本一になっても関連銘柄は豊富だし、市場全体を牽引してくれると期待しています。週明け以降、日本シリーズに絡む銘柄は大きく動くと思います」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 広島関連は、広島県に本社を置き、球団の株主でもあるマツダが代表格だ。8月下旬に1500円台で推移していた株価は、リーグ優勝が近づくにつれ上昇し、1700円台まで値を上げた。市場は「カープ効果!」と騒いだ。

「広島電鉄や広島銀行をはじめ、広島県に本社がある自動車部品関連のリョービ、コンビニのポプラ、スーパーのイズミなどは株高期待が持てます。カープのオフィシャルパートナーであるエディオンや、アサヒビール(アサヒグループHD)も狙い目です」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る