公募価格を2割上回ったが…「JR九州」売り時はいつか?

公開日:

 東証に25日上場した「JR九州」株の初値は3100円。公募価格の2600円は上回ったが、結局2990円で引けた。

 JRグループでは東日本、西日本、東海に次ぐ4社目、7月上場の「LINE」に次ぐ今年2番目の大型上場と騒がれた割には、ビミョーだ。

 JR九州の青柳俊彦社長は「これまで以上に機動的な事業運営に取り組んでいく」と意気込んでいたが、盛り上がりに欠けた感は否めない。

 LINEは公募価格の3300円に対し、初値は4900円と48%も上回った。JR九州の初値は19%プラス。どうみればいいのか。

 昨年11月に上場した日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の郵政グループ3社の例もある。上場直後こそ株価は上昇したものの今や、公募価格も割り込んだままだ。
「JR九州が“ローカル株”であることを考えれば、妥当な滑り出し」と、株式評論家の倉多慎之助氏はこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る