ゴキブリ問題で炎上 はごろもフーズ若社長の前途に暗雲

公開日: 更新日:

 ツナ缶のトップブランド「シーチキン」(はごろもフーズ=本社・静岡市)にゴキブリが混入していたことが27日発覚し、大騒ぎだ。

 ゴキブリが混入していたのは、14年12月に製造されたシーチキンLフレークで、スーパーで購入した山梨県甲府市の50代女性が今月13日に届け出た。社内調査の結果、製造過程で混入したことが分かり、18日に同社の担当者が女性に謝罪したというが、それ以降の対応がまずかったようだ。

「はごろもフーズがマスコミの取材に対し、公表や自主回収などの対応をとらない考えを示したことで、ネット住民が『不誠実だ!』などと、猛烈な勢いで不買運動をあおるような書き込みを始めている。一気に炎上するかもしれません」(食品メーカー関係者)

 はごろもフーズといえば、昨春、副社長だった池田憲一氏(39)が社長に就任したばかり。池田社長は慶大卒、三菱商事出身で、創業家の後藤康雄会長の娘婿とピカピカの経歴の持ち主だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る