日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1週間で8円動く異常事態 「トランプ円安」の賞味期限は?

 いくつもの抵抗ラインを軽々と突破し、円安が進行している。市場は「トランプ当選=円高」を想定していただけに、まさかの円安に戸惑い気味だ。

「わずか1週間でドル円相場は8円も動いたのです。想像を絶する“トランプ円安”にマーケットの動揺は隠し切れません」(市場関係者)

 トランプ当選が伝わった直後、ドル円相場は1ドル=101円台前半まで円高が進んだ。だが、その後は想定外の円安が進行している。心理的な節目である1ドル=105円をアッサリと超え、106円、107円と円安は進んだ。

「107円は大きな抵抗ラインでした。大手企業が、その水準で大量の為替予約に動いたのです。つまり多くの輸出企業は当面は1ドル=107円が円安の限界だと考えていた」(金融関係者)

 ところが円安は止まらず、15日のNY市場で一時109円台をつけた。約5カ月ぶりの円安水準だ。マネーパートナーズの武市佳史チーフアナリストが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事