1週間で8円動く異常事態 「トランプ円安」の賞味期限は?

公開日:  更新日:

 いくつもの抵抗ラインを軽々と突破し、円安が進行している。市場は「トランプ当選=円高」を想定していただけに、まさかの円安に戸惑い気味だ。

「わずか1週間でドル円相場は8円も動いたのです。想像を絶する“トランプ円安”にマーケットの動揺は隠し切れません」(市場関係者)

 トランプ当選が伝わった直後、ドル円相場は1ドル=101円台前半まで円高が進んだ。だが、その後は想定外の円安が進行している。心理的な節目である1ドル=105円をアッサリと超え、106円、107円と円安は進んだ。

「107円は大きな抵抗ラインでした。大手企業が、その水準で大量の為替予約に動いたのです。つまり多くの輸出企業は当面は1ドル=107円が円安の限界だと考えていた」(金融関係者)

 ところが円安は止まらず、15日のNY市場で一時109円台をつけた。約5カ月ぶりの円安水準だ。マネーパートナーズの武市佳史チーフアナリストが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る