年内最後の買い場到来 まだ上がる狙い目「金融株21銘柄」

公開日:

 日経平均は12日、約1年ぶりに1万9000円の大台を突破したことで、兜町のイケイケムードは最高潮に達している。

「年内2万円が見えてきました。トランプが大統領に就任する来年1月20日までは、安心して買える相場が続くと思います」(市場関係者)

 今週は年内最後の“買い場”がやって来るという。

「13~14日に開催される米FOMCで、恐らく米国の利上げが決まります。本来なら日米金利差拡大で、さらなる円安に向かいますが、市場は利上げをすでに織り込み済み。材料出尽くし感からいったん冷え込むでしょう。日経平均は1万8000円近辺まで下落するかもしれません。ここが絶好の買い場です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 トランプ勝利後、株価はほぼ一本調子で上昇し、日経平均は3000円近く上昇した。市場からは、そろそろ調整局面入りの時機という声が聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る