MRJ納入5度目の延期へ 原因は“三菱の体質”のせいなのか?

公開日: 更新日:

 もう5度目。内外からタメ息が漏れている。三菱航空機が開発している国産初の小型ジェット旅客機、三菱リージョナルジェット(MRJ)の納入延期問題。親会社の三菱重工の宮永俊一社長は先週、「(2018年半ばの初号機の納入は)守れると言える状況にはない」と明らかにした。さらに、「開発に想定外のコストがかかり、費用はもっと膨らむ」とも。

 MRJは開発の遅れから、初号機の納入は当初の13年から再三延期。昨年12月に4度目の遅れを発表し、今年まただ。

「MRJの開発費は当初予定の2倍を超える3300億円以上とされ、そのうち500億円以上を国が負担している。当面の受注目標は1000機ですが、現時点では目標の5割にも満たず、そのうち半数はキャンセル可能です。これ以上、延期すれば、競合他社の攻勢も強まっていますし、受注に悪影響が出ることは避けられそうにありません。その上、開発コストがかさむことになれば、いよいよ“採算割れ”が現実味を帯びてきます」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る