日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東芝「上場廃止」に現実味 NECとの経営統合説も急浮上

 東芝の上場廃止はあるか――。新年早々から、兜町は不穏なムードに包まれている。

 昨年暮れ、東芝は原発事業に関し、数千億円規模の減損損失が出る可能性があると発表した。東芝は、一昨年も約2500億円の減損処理をしている。2年連続の巨額損失に市場は危険なにおいを感じ取った。

「一部では3000億円を超える損失になるのではないかと囁かれています。そうなると債務超過がチラつきます」(市場関係者)

 東芝の直近決算(17年3月期中間期)の株主資本は3632億円。この金額以上の損失を出すと、債務超過に陥る。

 巨額損失の可能性を公表した先月27日、株価は前日比11・6%安の391円60銭(終値)まで下落。29日には公表前に比べ50%近い値下がりとなる232円まで急落した。時価総額(終値ベース)は、わずか3日間で約8000億円を失った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事