トランプ相場に沸く株価 カリスマ投資家“暴落サイン”指摘

公開日: 更新日:

 大発会の4日の平均株価の終値は、昨年末より479円79銭高い1万9594円16銭だった。年明け初めての取引としては4年ぶりに値上がりしたこともあり、5日の終値は73円47銭安だったが、市場には楽観ムードが漂っている。

 しかし、油断は禁物だ。“暴落のサイン”が出始めているからだ。

 投資家が相場の動きを探る判断材料のひとつに、「信用評価損益率」という指標がある。信用取引を行っている投資家がどれくらいの「含み損益」を抱えているかを表したものだ。

 カリスマ個人投資家の新田ヒカル氏が言う。

「個人投資家は評価益が出るとすぐに利益確定したがり、反対に損が出ても売り渋る傾向が強いために、信用評価損益率はマイナスの値を示すことが多い。マイナス20%前後で“底入れ”の目安、0%に近づくと“天井圏”に達したと見なされます。昨年のトランプ相場が始まる前までマイナス10%前後でしたが、今はマイナス5%程度にまで上昇しています。過熱圏にあると考えていいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る