シャープ再生の切り札 「ロボホン」は誰が買っているのか

公開日:

 どこにいるのか――。シャープが昨年5月にリリースしたモバイル型ロボット電話「ロボホン」。携帯電話を兼ね備えた体重390グラム、身長19・5センチのかわいい小型ロボットは、久々にシャープらしい“シャープ”な商品で、発売直後は話題になった。

 ところが、街ナカで誰かがロボホン片手に通話している姿を見たことがあるだろうか。ちゃんと売れているのか、シャープに聞いてみた。

「街中でロボホンを使って通話することは恥ずかしいようです。自宅や親しい人の前では通話もされているようです。携帯電話機能は身近に感じてもらうための“キャッチ”という面もありました。ロボホンの売れ行き? 想定していた一人暮らしの方だけでなく、子どもがいる家族にも好評です。また法人向けの引き合いも増えている。事業としてはまずまず順調といったところです」(広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る