トランプ介入に市場辟易 “神通力”早くも失速で円安逆戻り

公開日:

 トランプに振り回されるのは、もうゴメンだ――。金融市場から、そんな声が聞こえだした。

 今週初め、トランプは日本を“為替操作国”と名指しして批判した。ドル円相場は一気に円高に振れ、一時は1ドル=112円08銭と約2カ月ぶりの円高となった。

「大統領が円安は許さないと口先介入したのです。昨秋水準の1ドル=105円近辺まで円高が進む恐れはありましたが、数時間後には円安方向に戻った。市場におけるトランプ発言の神通力が弱ってきたのでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 トランプは正式就任前からフォードやトヨタ自動車など個別企業をツイッターで“指先”攻撃し、そのたびに対象企業の株価は大荒れした。就任後は、「メキシコの壁」「移民・難民の入国禁止」と次々に大統領令に署名。為替や株価を大混乱させてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る