日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小池都知事が手ぐすね 参考人招致で石原退治の「切り札」

「この席で、老朽化したドームを築地跡地に移す話に至ったそうです。築地周辺には電通や日テレのビルが立っています。ドームの屋根を開ければ、周辺のビルから野球観戦ができる。石原さんは氏家さんたちとそんな話もしていたといいます」(上杉氏)

 慎太郎氏が「スーパードーム構想」を夢想し、移転を急いだことは想像に難くない。その結果、用地売買交渉が拙速となり、土壌汚染の軽視につながり、現在の袋小路にハマリ込む惨状を招いたのではないか。

「この様子を記した私の著書は、出版前に小池知事にも見てもらっています。スーパードーム構想についても、しっかり把握していると思います」(上杉氏)

 小池知事が慎太郎氏の構想を熟知しているのなら、この点を徹底的に突いてくるはずだ。慎太郎氏は報道陣に「小池君に言うことがある」と息巻いていたが、都庁の“女城主”は手ぐすね引いて待っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事