債務超過、2部降格…それでも「東芝株」買ってもいいか?

公開日:

 半導体事業の売却時期を4月以降に先送りする方針を固め、3月末時点で債務超過から脱出できない東芝は、東証1部から2部に降格されることがほぼ確実となった。しばらく混乱が続き、株価は乱高下する可能性が高い。しかし、株価が大きく動けば、儲けるチャンスも広がっていく。はたして東芝株は、いくらなら“買い”なのか。

 16日の株価の終値は202円70銭と3営業日連続の下落となった。ただし、昨年2月の年初来安値155円は上回っている。大騒ぎの割には200円台で踏ん張っている格好だ。株式評論家の倉多慎之助氏はこう見る。

「最安値をつけないということは、東芝はつぶれないと考えている人が多いのでしょう。“いまが買い”と考えている投資家もいるはずです。実際、悪材料が出きった感がある。これからは、技術力が強調されたり、再建の見通しが見えてきたりと、好材料に注目が集まる可能性があります。そう考えるとたしかに今が買いです。250円までの上昇は難しいかもしれませんが、200円で買い、10~30円上がったら、売って利益を確定させるという手はあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る