• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

瀕死の東芝が株保有 “トバッチリ”売り圧力が24社を襲う

 東芝の東証2部への降格が濃厚となった。半導体事業の分社化と売却が5月以降にズレ込む見通しで、17年3月期の債務超過が避けられなくなったのだ。東証のルールでは、債務超過は2部降格となる。

「東芝株は、東証1部を対象にしたファンドからハズれることになります。欧米の年金基金など巨額ファンドが投資対象としているのも主に東証1部です。東芝は2部に降格した時点で、大量の“売り”が発生します。それを見越した売り圧力が高まり、この先、東芝株は下落していく可能性が高い。さまざまな思惑も入り乱れますから、乱高下は激しさを増すでしょう」(市場関係者)

 東証の規定では、1年以内に債務超過を解消しないと上場廃止だ。債務超過を解消するため、東芝は売れるモノは何でも処分するだろう。

「東芝が保有している株式も当然、売却対象となるでしょう。有価証券報告書(有報)には保有株が明記されています。すでに手放した銘柄もあるでしょうが、記載されている銘柄は売り圧力にさらされる恐れがあります」(株式アナリストの黒岩泰氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る