6年半ぶり発行に応募殺到 「東電社債」は買いかリスクか

公開日:

 東京電力グループが6年半ぶりに発行する社債が異常な人気となっている。当初700億円の予定だった発行額は、機関投資家の強い需要があったことから、900億円に増額された。送配電子会社「東京電力パワーグリッド」が9日に発行するが、個人投資家も殺到しそうだ。

 3年満期の3年債は年利0.38%、5年債は同0.58%。5年債を100万円分買えば、毎年5800円の金利収入が得られる計算だ。たしかに金利が0.01%しかつかないメガバンクの定期預金に比べれば破格と言えるが、東電債は「買い」なのか。

「東電債は原発事故前までは高利回りでローリスクの金融商品でした。恐らく、高齢者を中心に投資妙味があると考える人が今回買おうとするかもしれません。でも、私は東電が5年債に2%以上の金利を払うと言っても買いません。事故処理費が予想外に膨らんだことで、東電は実質的に債務超過に陥ったような状態です。しかも5年以内に政権交代があれば、国が見放すかもしれない。倒産すると“紙くず”になってしまうのは株も社債も同じ。リスクが高過ぎます」(生活経済ジャーナリスト・柏木理佳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る