• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6年半ぶり発行に応募殺到 「東電社債」は買いかリスクか

 東京電力グループが6年半ぶりに発行する社債が異常な人気となっている。当初700億円の予定だった発行額は、機関投資家の強い需要があったことから、900億円に増額された。送配電子会社「東京電力パワーグリッド」が9日に発行するが、個人投資家も殺到しそうだ。

 3年満期の3年債は年利0.38%、5年債は同0.58%。5年債を100万円分買えば、毎年5800円の金利収入が得られる計算だ。たしかに金利が0.01%しかつかないメガバンクの定期預金に比べれば破格と言えるが、東電債は「買い」なのか。

「東電債は原発事故前までは高利回りでローリスクの金融商品でした。恐らく、高齢者を中心に投資妙味があると考える人が今回買おうとするかもしれません。でも、私は東電が5年債に2%以上の金利を払うと言っても買いません。事故処理費が予想外に膨らんだことで、東電は実質的に債務超過に陥ったような状態です。しかも5年以内に政権交代があれば、国が見放すかもしれない。倒産すると“紙くず”になってしまうのは株も社債も同じ。リスクが高過ぎます」(生活経済ジャーナリスト・柏木理佳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る