中途半端? 5年ぶり新作「Nintendo Switch」の勝算

公開日:

 つかみどころのないゲームだ。

 任天堂は3日、新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発売した。テレビにつないで遊ぶ“据え置き型”と、持ち歩くことができる“携帯型”の両方を備える機能を搭載している。同社の据え置き型ゲーム機の発売は、2012年の「Wii U(ウィーユー)」以来5年ぶり。任天堂は「今月末で全世界で200万台の出荷を目標にしています」(広報担当者)としている。

 コントローラーは左右それぞれで独立して操作ができる。1台で最大8人がプレー可能だ。人の動きを読み取るモーションセンサーが搭載されていて、臨場感ある対戦が楽しめる。

 価格はコントローラーとセットで3万2378円(税込み)。スマートフォンでゲームを楽しむ人が増える中、久しぶりの据え置き型ゲーム機の売れ行きが注目される。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は懐疑的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る