中途半端? 5年ぶり新作「Nintendo Switch」の勝算

公開日:

 つかみどころのないゲームだ。

 任天堂は3日、新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発売した。テレビにつないで遊ぶ“据え置き型”と、持ち歩くことができる“携帯型”の両方を備える機能を搭載している。同社の据え置き型ゲーム機の発売は、2012年の「Wii U(ウィーユー)」以来5年ぶり。任天堂は「今月末で全世界で200万台の出荷を目標にしています」(広報担当者)としている。

 コントローラーは左右それぞれで独立して操作ができる。1台で最大8人がプレー可能だ。人の動きを読み取るモーションセンサーが搭載されていて、臨場感ある対戦が楽しめる。

 価格はコントローラーとセットで3万2378円(税込み)。スマートフォンでゲームを楽しむ人が増える中、久しぶりの据え置き型ゲーム機の売れ行きが注目される。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は懐疑的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る