内村航平と所属契約 リンガーハットの業績は跳躍できるか

公開日: 更新日:

「内村選手は体操を広めて、われわれはバランスの取れた食事を広めていきたい」

 日本体操界初のプロに転向した内村航平(28)と所属契約を結んだ外食大手「リンガーハット」の米浜和英会長は6日の会見でそう語った。

 長崎育ちの内村にとって、同社の看板商品である長崎ちゃんぽん、皿うどんはソウルフード。内村も「すごく縁があると思った」と笑顔を浮かべていた。まさに相思相愛というわけで、契約期間は2021年12月まで。東京五輪へ向けて期待も膨らむが、両者にとって「ここからが正念場」という声もある。

「内村はリオ五輪で個人総合と団体総合の2冠を達成しましたが、東京五輪のころには30歳を過ぎている。いま以上の伸びシロは期待できそうにありません。成績が下降線をたどれば、リンガーハットにとって高い買い物になる可能性もある」(スポーツ紙記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る