金と価格逆転 なぜビットコインは値上がりしているのか?

公開日: 更新日:

 先週、金とビットコインの価格が逆転し話題になった。ニューヨーク金先物市場の4月渡し価格の3日終値は1トロイオンス1226.5ドルで、同日のビットコイン取引所「ビットスタンプ」での1ビットコインの価格は1283.35ドルだったという。この比較にどれだけの意味があるのかは分からないが、1ビットコインは2015年に250ドル程度だったのだから、今の水準は5倍近くにまで上昇している。年初と比べても3割近くは髙くなった。

「投資先として人気になっているのは、中国人が積極的に取引をしているからです。ビットコインはすべての取引をネット上でオープンにすることで、安全性を確保する仕組みになっています。全員で全員を監視すれば、誰も不正をできないという考え。反社会勢力や政治権力が不当に介入すれば、それも明らかになります。だから政情不安の新興国ではニーズが高く、現在は取引の9割が中国人といわれています。彼らは自国の通貨や政治体制を信頼せず、現物のドルですら政府に取り上げられたり、預金を封鎖されたりする恐れがあると考えています。衆人環視のビットコインの方がむしろ安心だという発想ですね」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る