金と価格逆転 なぜビットコインは値上がりしているのか?

公開日:

 先週、金とビットコインの価格が逆転し話題になった。ニューヨーク金先物市場の4月渡し価格の3日終値は1トロイオンス1226.5ドルで、同日のビットコイン取引所「ビットスタンプ」での1ビットコインの価格は1283.35ドルだったという。この比較にどれだけの意味があるのかは分からないが、1ビットコインは2015年に250ドル程度だったのだから、今の水準は5倍近くにまで上昇している。年初と比べても3割近くは髙くなった。

「投資先として人気になっているのは、中国人が積極的に取引をしているからです。ビットコインはすべての取引をネット上でオープンにすることで、安全性を確保する仕組みになっています。全員で全員を監視すれば、誰も不正をできないという考え。反社会勢力や政治権力が不当に介入すれば、それも明らかになります。だから政情不安の新興国ではニーズが高く、現在は取引の9割が中国人といわれています。彼らは自国の通貨や政治体制を信頼せず、現物のドルですら政府に取り上げられたり、預金を封鎖されたりする恐れがあると考えています。衆人環視のビットコインの方がむしろ安心だという発想ですね」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る