• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金と価格逆転 なぜビットコインは値上がりしているのか?

 先週、金とビットコインの価格が逆転し話題になった。ニューヨーク金先物市場の4月渡し価格の3日終値は1トロイオンス1226.5ドルで、同日のビットコイン取引所「ビットスタンプ」での1ビットコインの価格は1283.35ドルだったという。この比較にどれだけの意味があるのかは分からないが、1ビットコインは2015年に250ドル程度だったのだから、今の水準は5倍近くにまで上昇している。年初と比べても3割近くは髙くなった。

「投資先として人気になっているのは、中国人が積極的に取引をしているからです。ビットコインはすべての取引をネット上でオープンにすることで、安全性を確保する仕組みになっています。全員で全員を監視すれば、誰も不正をできないという考え。反社会勢力や政治権力が不当に介入すれば、それも明らかになります。だから政情不安の新興国ではニーズが高く、現在は取引の9割が中国人といわれています。彼らは自国の通貨や政治体制を信頼せず、現物のドルですら政府に取り上げられたり、預金を封鎖されたりする恐れがあると考えています。衆人環視のビットコインの方がむしろ安心だという発想ですね」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る