• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

始まった争奪戦 瀕死の東芝が最後にすがる“救済シナリオ”

 2016年4~12月期の決算発表を再延期した東芝は、市場の信頼を完全に失った。

「15年3月期の決算を含めると延長は4度目です。理由はどうあれ、上場企業として失格でしょう。もはや単独での生き残りは難しいかもしれません」(市場関係者)

■米アップル、日立、日産などが急浮上

 14日会見した綱川智社長は、米原発子会社のウェスチングハウス(WH)に関し、米連邦破産法11条(チャプター11)の適用申請も選択肢のひとつと明言した。当日公表した「東芝再生への取り組み」には、「海外原子力事業のリスク遮断」が盛り込まれた。

 約1時間に及んだ質疑応答は“WH遮断”に関する質問が乱れ飛んだ。ただ、通常の会見とは様子が少し違っていた。

「一般紙や雑誌の記者より、証券会社のアナリストの質問が目立っていました。財務に関するテクニカルな内容が多かった」(経済誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る