始まった争奪戦 瀕死の東芝が最後にすがる“救済シナリオ”

公開日: 更新日:

 2016年4~12月期の決算発表を再延期した東芝は、市場の信頼を完全に失った。

「15年3月期の決算を含めると延長は4度目です。理由はどうあれ、上場企業として失格でしょう。もはや単独での生き残りは難しいかもしれません」(市場関係者)

■米アップル、日立、日産などが急浮上

 14日会見した綱川智社長は、米原発子会社のウェスチングハウス(WH)に関し、米連邦破産法11条(チャプター11)の適用申請も選択肢のひとつと明言した。当日公表した「東芝再生への取り組み」には、「海外原子力事業のリスク遮断」が盛り込まれた。

 約1時間に及んだ質疑応答は“WH遮断”に関する質問が乱れ飛んだ。ただ、通常の会見とは様子が少し違っていた。

「一般紙や雑誌の記者より、証券会社のアナリストの質問が目立っていました。財務に関するテクニカルな内容が多かった」(経済誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る