始まった争奪戦 瀕死の東芝が最後にすがる“救済シナリオ”

公開日:

 2016年4~12月期の決算発表を再延期した東芝は、市場の信頼を完全に失った。

「15年3月期の決算を含めると延長は4度目です。理由はどうあれ、上場企業として失格でしょう。もはや単独での生き残りは難しいかもしれません」(市場関係者)

■米アップル、日立、日産などが急浮上

 14日会見した綱川智社長は、米原発子会社のウェスチングハウス(WH)に関し、米連邦破産法11条(チャプター11)の適用申請も選択肢のひとつと明言した。当日公表した「東芝再生への取り組み」には、「海外原子力事業のリスク遮断」が盛り込まれた。

 約1時間に及んだ質疑応答は“WH遮断”に関する質問が乱れ飛んだ。ただ、通常の会見とは様子が少し違っていた。

「一般紙や雑誌の記者より、証券会社のアナリストの質問が目立っていました。財務に関するテクニカルな内容が多かった」(経済誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る